日なたの窓に憧れて

いやよいやよもすきのうち

androp"period"を買いました


お金が壊滅的ににないが故に買う買わないを迷いに迷ってたんですが、やっぱりとてつもなく欲しかったので日々蓄積されたストレスに任せて買いました。めちゃくちゃ満足です。


Singerを初めて聴いたとき。Oneを初めて聴いたとき。あらゆるタイミングで、やっぱりアルバム欲しいなあ、買わなきゃなあ、ってなってたわけですが。

http://youtu.be/0R83HpvPoKY">http://youtu.be/0R83HpvPoKY

最後の一撃はこれでした。完全に打ちのめされました。なんだこれ。スゲエ洒落てんじゃねえか。これ見た瞬間になんというか、曲聴くたびに募ってたアルバム欲しいキモチが、見事に集約されてひとつになるのがわかりました。こういったひとつひとつの映像が宣伝効果絶大なんだね。特にandropはこういうセンスが抜群なので。わたしは特にチョロいので見事に乗せられちゃうよね。

 

無事缶バッジももらえました。anewだったよ。袋に入ってるわくわく感たるや。おうちに帰ってCD開けて、すぐにテンションがあがりました。ほんとうに毎回工夫が凝らされていて、センスがいいよなあ。歌詞カードの緑がどんどん薄くなるのとか、穴が綺麗に重なるのとか、CDの可愛さとか。持っておきたいCDを作ってくれるandropに感謝です。


まあそれで曲なんですけど。いちばん大事だね。知ってる曲もアルバムに入ると違う顔を見せるってこのことだったんだね。"Lit"はほんと待ってましただよ〜。いい意味でandropらしくないのはこうやって聴いても相変わらず。かっこよすぎかな。

やられたのは"Neko"です。完全にやられた。完敗。丸1日延々ループしてた。曲の虜ってきっとこういうことを言う。可愛い。とにかく可愛い。歌詞も曲調も声もギターも。可愛い。ずるいなあ、内澤さんずるい。

それでもって、"Neko"からの"TimeMachine"からの"UnderTheSun"っていう流れが楽しすぎて可愛すぎてえげつない。語彙が足りない。困る。

とにかく買ってよかったと思わせてくれる作品だったので、最高ですよもう。"Neko"という曲に出会えただけでも、今日という日にいっぱいありがとうだよ〜!!!

 

今日もやっぱりandropが好きで、期待の遥か上いってくれるなあ。信頼しかない。聴けば聴くほどどんどん好きになりそうな曲ばっかりで、純粋にうきうきわくわくしてる。このキラキラした音楽がだいすき。DVDもはやくみたいなあ。たのしみ。